日本では病院やクリニックなどで医師の診断が無ければ処方されなかったED治療薬ですが、最近では個人輸入代理業者のサイトで誰でもネット通販を利用するような感覚で手軽に購入出来る時代になりました。

その魅力は簡単に購入出来るという利便性だけではなく、価格の安さにもあります。価格は病院やクリニックで診断を受けて購入する金額と比較しても半額以下なので、その値段の安さから気軽に試す人も増えています。

個人輸入代理業者のサイトでは海外のジェネリックのED治療薬が人気ですが、その中でもシアリスと同じ有効成分であるタダラフィルが主成分のタダシップ20mgが人気です。

タダラフィル系ジェネリックの特徴としては、バイアグラ系ジェネリックと比較しても持続効果が長いことが最大の魅力です。ジェネリック医薬品と言っても有効成分は先発薬と同じですので、同じ成分で同一の効果が期待出来るのに価格が安いことが人気の理由です。

持続効果は他のジェネリックと比較しても、他の有効成分のジェネリックが4~5時間なところが24~36時間という明らかな効果の違いがあるため、利用者からも使いやすいと評判です。

しかも他の有効成分のジェネリックのシルデナフィル系ジェネリックやバルデナフィル系ジェネリックが食事の影響を受けやすいのに対し、タダラフィル系ジェネリックは食事の影響を受けにくいのも人気の理由の一つです。

食事やアルコールなどの影響は受けないということは、デートなどで食事を取った後に服用したとしても効果が期待出来るということで、タダラフィル系ジェネリック以外のジェネリックでは、服用したけど効果が不十分だったり、効果が表れないということもありました。

ところが、タダラフィル系ジェネリックは食事やアルコールなどの影響は受けないので、服用のタイミングもあまり気にせずに服用する人も多いと言われています。

ed治療薬タダシップの正しい飲み方ついて判断

しかしそんなタダラフィル系ジェネリックでももっとも効果的な飲み方があります。

それはやはり食前の空腹時の服用が効果的で、食事やアルコールを摂取した後に服用するよりは空腹時の服用が効果的です。

そして一番効果を求めたい時間帯が事前に分かっている場合、その3時間前に服用することで必要なタイミングで効果が出てきます。服用後60分程度で効果は出てきますが、もっとも強い効果が出てくるのが3~4時間後となります。

つまり事前に効果を求める時間帯が3時間後とわかっている場合には空腹時の状態で3時間前に服用すれば、その後3~4時間で強い効果が出るので効果的です。